Loading...
大網グループ
ENTRYあみこ

先輩の声

A.Nさん

制作部って? ※専門職採用

”あみあみ”の分野に留まらず、外部企業やブランドの販売促進に関する企画やデザインを行います。

  • セールスプロモーション案件(販売促進ツール、イベントブース など)
  • あみあみ案件(自社オリジナルブランドグッズデザイン、特典デザイン など)
A.Nさん

ノベルティや展示会のブース、WEBページなど、様々なデザイン

現在の仕事内容とやりがいを教えてください。

制作部に配属し、ノベルティや展示会のブース、WEBページなど、さまざまなデザインをしています。
私の場合、セールスプロモーション事業の仕事が主ですが、あみあみ事業の業務もあり、主に特典デザインを作成します。また、会社案内のパンフレットデザインも制作部の仕事です。
ルーチンワークではないため柔軟な対応力が必要となり大変ですが、いつも新鮮な気持ちで仕事ができ、やりがいを感じます。

部門間での繋がりが理解できた

この会社に決めた理由はなんですか?

入社後、制作部への配属前に、2ヶ月間の研修期間がありました。
社内のさまざまな部署を経験することで、あみあみ全体の仕事の理解が深まっている実感がありました。
特に、部門間での繋がりが理解できたことで、○○部門で対応したことが××部門に反映される、といった仕事の流れが見えるようになります。

また、研修ご担当の方は皆丁寧で優しく、しっかりと研修を受けることができました。
電話応対に苦手意識がありましたが、担当の先輩に教えていただき、緊張しながらも安心して電話をすることができました。

ひとつひとつの試合が再現不可能

ひとつひとつの試合が再現不可能

今、「楽しい!」ことは?

格闘ゲームをやりこんでいる事です。楽しいと思える点は色々ありますが、ひとつ挙げるとすれば人間と戦えるという点でしょうか。
RPGだとずっとCPUと戦いますが、難易度を上げるとより最適な攻撃を仕掛けてきます。しかし、格闘ゲームは一瞬で状況を判断して、良いと思った行動を人間がします。そこに醍醐味があると思います。
例えば、CPUだと絶対に引っかからないフェイントに簡単に人間は引っかかる事があります。これは行動を予測して外した、人間の心理による差です。
こういった様々な心理戦、技術が絡み、ひとつひとつの試合が再現不可能なゲームとなる事に他には無い楽しさを感じています。

あみあみあるある

同じイベントやライブで有休が被る。

A.Nさん

先輩の声

PAGE TOP